×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ アイコンブリスベンガイドヘもどる

キングジョージスクエア
クイーンストリートモール
ブリスベンの特色
 ブリスベンは、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第3の都市です。しかしそんな大都市にも関わらず、歴史的な建造物(シティホール、ウィンドミル、カジノ、ストーリーブリッジ等)も多数あり近代色と歴史観を楽しむことができます。
シティ中心にあるクイーンストリートモールをがあるクイーンストリートを平行に女性の名がついた通りが走っており、直角に男性の名がついた通りが走っているのも特徴だ。
シティにはスタイリッシュなカフェが点在しており、特徴的なコーヒーを片手に仲間と語らえる。カフェめぐりも一つの楽しみだろう。
シティ中心部を少し離れると、植物園、森林、林、山といった自然を散策し、日本では見れないような植物や動物たちに出会うことが出来ます。
また日本からの観光客で人気のゴールドコーストへも電車で約1時間と、夏は海遊びやマリンスポーツそしてショッピングと楽しめます。
気候
 亜熱帯気候のクイーンズランド週に位置するブリスベンは、1年を通して雪が降ることはありません。冬(6月〜9月)は、トレーナー等で過ごせます。夏(11月〜2月)は、最高気温はかなり上がり40℃近くになるときもあります。日本のようにジメジメした感は無く、カラッとした空気で日差しは刺すように痛いときがあります。また真夏は雨が多いのも特徴ですが、ほとんどスコールのように一時的に降ることが多いです。
紫外線対策は確実に行いましょう。日本人のように白色人種は元来日差しに弱いので、サンスクリーン(日焼け止めクリーム)やサングラスは必ず使用してください。
近年オゾンホールも広がりを見せ、有害な紫外線が多く入ってくるようになってきています。曇りの日でも多くの紫外線が降り注いでいます。シミや皮膚がん、また白内障等の予防の為にも是非慣行して下さい。
人種
 アングロサクソン系等欧州系人が中心に構成されているが、訪問すれば分かると思いますが、アジア系特に中国や台湾からの人、そしてインドネシア系の人種が多く目につきます。
それぞれ、独自の文化習慣も踏襲しており一つの国にいながらいろいろな文化に触れる機会があります。
留学時代私がホームステイしていた家庭は、インドネシア系で毎日のようにカレーが出されました。おいしかったですけど。。。宗教上、肉が食べれなかったり、また親族の集まりとかで様々な文化を体験することができました。
また、オーストラリア人の中には日本人を嫌っている人もいるので、羽目を外した傲慢な振る舞いは禁物です。実際私自身、車から卵を投げつけられた事や、日本人であることをののしられた事がありました。
滞在していて気づくこと
・自転車を利用している人をほとんど目にしない。恐らく地形的に勾配が多いためだろう。
・捨て犬、捨て猫が全くいない。
・ゴキブリがやけに大きく、普通に地面を這っている。
その他まだまだたくさんあるけど、いろんな不思議を自分で探してみてね。
留学とホームステイ