×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ アイコンブリスベンガイドヘもどる

種類 対象年齢(申請日) 手数料金額 申請必要書類
5年   満12歳以上 ¥16,000 ☆戸籍謄(抄)本(発行日から6ヶ月以内)

☆写真1枚(6ヶ月以内撮影のもの)
→旅券所に併設されている場合あり

☆郵便葉書1通(未使用)

☆身分証明書類(運転免許証、住民基本台帳等)
10年  満20歳以上 ¥11,000
ブリスベン航空
パスポート

※申請から受け取りまで、約1週間〜10日間です。なお、地域の旅券所によって必要書類、受け取りまでの期間は若干異なります。詳しくは、近くの旅券所へお問い合わせください。

種類 対象年齢(申請日) 内容 取得料金(目安) その他特記事項 取得までの期間
ETAS   特に無し ☆3ヶ月以内の滞在 ¥1,000 即時
学生ビザ  満18歳以上 ☆3ヶ月以上英語に限らず勉強が目的の場合
☆コースの出席率が、80%以上
☆海外留学生保険(OSHC)の加入

☆アルバイト可(但し時間的条件あり)
¥40,000 申請後に健康診断が必須
(診察料:約20,000)

約1ヶ月
(健康診断〜2週間程度)
ワーキングホリデービザ 満18歳以上31歳未満 ☆1雇用主のもとで最高6ヶ月就労可能
☆就学またはトレーニングが最高4ヶ月まで可能

☆最高12ヶ月まで滞在可能
¥21,000 資金証明必要
(おおむね5,000AUDの保有)
約1週間
ビザ

※ETASを除き、申請にはかなりの手間と時間がかかります。特に学生ビザは、制約が多く一層注意が必要です。出国までの予定にあわせ、余裕を持って申請しましょう。
(注)代行会社が多々ありますが、自分で出来るのであれば頑張ってやってみましょう。自分でやることで勉強にもなりますし、なにより依頼することで発生する無駄な代行手数料の節約になります。詐欺まがいに高く設定している会社もあるので注意してください。

航空券
種類 用途
片道航空券 ・その名の通り、出発地〜目的地への片道のみ利用可能な航空券です。片道だからといって往復より必ずしも安い訳ではありません。
帰国日が全くの未定であったり、現地で購入する予定である場合に利用されます。
往復航空券 ・一般的に販売されている航空券です。格安航空券の対象となります。
(注)往復分あるからといって、片道のみしか使用しないともし格安航空券で購入されていた場合、正規運賃との差額分が航空会社から請求される場合があります。
あくまでも往復での利用を念頭に置いて下さい。
FIXオープン航空券 ・帰国の日をその期間内であれば、自由に設定できる航空券です。
1年オープン、半年オープン等さまざまな種類があり、各人自分の最大滞在予定期間にあわせて購入すると、その期間内であれば帰国便の日程を変更できます。したがって、長期留学生やワーキングホリデーで滞在予定の方に人気の航空券となっています。
保険
おすすめ旅行会社
海外旅行専門保険
海外旅行保険を専門とする会社で、基本保証(傷害・傷病治療保険、死亡保険、賠償責任、携行品被害等)は必ずと言っていいほど含まれており、それに加えオプションで各種保証内容を選択できます。
保険金額も、掛け金によって各自で設定できるので安心した保険プランの設定が可能です。
今は、インターネットでの加入手続きが可能なところが多く簡単明瞭な手続きが行えます。
広告募集 広告募集
クレジットカード付帯保険
各種海外で利用可能なクレジットカード(VISA、MASTER、JCB等)に特典付帯している旅行保険で、保険加入費用が発生しません。但し、3ヶ月以内の旅行に限ります
カード会社の種類、カードランク(レギュラー、ゴールド、プラチナ等)によっても保証内容・金額が異なります。
短期間の旅行等であれば、こちらの保証内容でもよいかもしれませんが、やはり内容・保証金額は満足できない部分もあります。各自よく内容をチェックし、ご判断ください。なおオプションで有料にて保証内容・延長の手続きが可能な会社もございます。
広告募集 広告募集

※海外では、万が一ケガや病気になった場合の治療費はかなり高額となります。たかが数日の滞在
と甘く見てはいけません。気候や食べ物の変化で体調管理は難しいですし、治安も訪問先によっては
安心できません。
保険には、傷害・傷病治療保険〜盗難保険、航空機遅延保証までついているものも数多くあります。
必ず、出発前には加入しておきましょう。

お金
種類 メリット デメリット
トラベラーズチェック
T/C
日本円 ・現金の日本円を両替するより、はるかに有利なレートでAUDに両替してもらえます。
・使わず残った場合は、帰国した際そのままの金額で日本円に交換できます。
・両替しないと現地で使えない以外デメリットは考えられず、私の一番のおすすめです。
T/Cの為、盗難の際もリファンド(再交付)が可能ですので安心です。
AUD ・AUD現金に両替するよりは、安いレートで両替できます。
・現地にて額面どおりに現金化可能です。
・盗難の際のリファンドが可能です。
・概して、日本国内のレートより現地でのレートの方が有利の場合が多く、多額の金額をこれで持つことはお勧めできません。
・余って日本国内にて日本円に変換する際は、かなりの額をロスします。
現金
CASH
日本円 ・帰国後の家路までの交通費分は最低必要です。
・一番おすすめできないお金の持ち込み方です。現地で両替するにも一番悪いレートで交換されます。
AUD ・現地で両替する手間と時間のロスがありません。
・入国したら空港内からすぐに買い物や飲食等できるので便利です。
・なかなか日本国内でのAUD現金への交換レートは良くありません。T/Cに比べ、約2円〜3円程度悪くなるので多額の持ち運びには適しておりません。
クレジットカード ・現金を持ち運ぶ手間が無く、引き落としの際の換算レートも比較的に有利です。キャッシング機能もあれば、現地でAUDにて変換引出し可能です。 ・盗難された際にすぐに再発行はなかなか出来ず、郵送等に数日かかります。
・あくまでクレジットカードが使える場所やお店と利用に制限があります。
WORLD CASH ・シティバンクのサービスで、日本で預けた日本円分を現地で専用のキャッシュカードにてAUD現金に変換し引き出せます。
・盗難の際も迅速に対応し再交付してもらえます。
・日本国内から自分の口座に振り込み入金ができます。
・私が留学していた際、かなりの人が利用していました。ちなみに私も利用していました。
・TTSレートに3%程度上乗せされ、両替引出しされます。
・使えるATMはある程度限られます。しかし、私の経験ではほとんどのオーストラリア国内の銀行のATMで利用可能でした。
・引き出さないと現金がなく、そのカード自体にクレジットカード機能はありません。

※現地到着後の空港〜滞在先までの交通費分は、AUD現金が必要です。現地空港にて両替可能ですが、
出発前に用意しておきましょう。上記の管理法をうまく組み合わせて損の無い滞在にしましょう。

その他あると便利かも
国際学生証(ISIC)
世界106カ国で通用する学生証で、写真付きなので身分証の代わりになります。現地にて学生割引等サービスを受けることが出来ます。
当時私は、バスの料金をこのカードを用いて学生料金で乗っていましたが、途中で利用できなくなりました。
※発行手数料⇒¥1,430

日本最大級の総合旅行サイト!楽天トラベル

オセアニアのホテル予約

留学とホームステイ

ブリスベンの格安ホテルを探すなら!
go agodaで。